妊活を成功するためにNO.2

花粉症等アレルギーがあると妊娠しにくい

それでは、ATP(アデノシン三リン酸)の合成がうまく出来る状態を作っていくポイントは何でしょう?

まず、一つはATP合成を邪魔する要素を減らすことが大切です。この邪魔する要素の一つ目が毒となる重金属です。重金属には人間の身体にとって必要なものと毒となるものとがあります。その代表的なものが「水銀」です。日本は元々海産物を多く摂取したり、土地にも水銀が多く含まれていることから水銀に対しては他の民族よりも遺伝子的に対処しやすいとも考えられますが、それでも毒となる水銀を体内に入れることは生命活動によっては大きなマイナスとなります。ですので、特にマグロなど大型の魚には食物連鎖による水銀の濃縮によって水銀が多く含まれているので、大型の魚を食べずにイワシやサンマなど小型の魚を食べるようにしましょう。また、身体にとって毒と言えばプラスティック容器を使用して、電子レンジでチンすることも要注意です。手軽で簡単だからということはとても便利ですが、身体にとってはその便利の代償を支払うことになります。

次に邪魔する要素の二つ目が炎症です。炎症で分かりやすいのがアトピーや花粉です。体内で炎症が起きるとそこにエネルギーを使われてしまいます。そして、炎症は腸内で起こることがとても多く、普段から便秘や下痢がある方は炎症が起こっている可能性が高いです。この炎症に対しては食事の改善で起こりにくくすることができます。グルテンやカゼインなど腸の炎症を起こしやすいものを減らすことから始めましょう。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

072-267-2367

受付時間:9:00~19:00

定休日:不定休